忍者ブログ
創作小説をまったりと更新予定。BL中心のため苦手な方の閲覧はご遠慮ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

間に合ったー
…間に合ってないですね;
隔週更新、前回おとしちゃいました(^^ゞ

でも、ここから最後に向かって…と思ったら
もう少しじっくり書きたかったもので…というのはいい訳ですね。

それでは、31話どうぞ!!


―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・



海の近くをぶらぶらしながら話をしていると、空はだんだんオレンジ色に染まっていった。

「じゃあそろそろ行こうか。ここからは蒼くんプロデュースだね?」
「はい! 楽しみにしていてくださいね」


二人は再び車に乗り込むと、来た道を引き返し始めた。

「ところで今日はどこに行くの? どこに向かったほうがいい?」
「うーん、お酒がおいしいお店みたいなので、できればそーすけさんにも飲んでほしいんですけど……。 家から歩いて行ける距離なので、そーすけさんの家に車を置いていってもいいですか?」
「へーそんなお店近くにあったっけ? じゃあそうしようか」


車はどんどん街へと近づいていく。外はすっかり暗くなり、家に着くころには街灯が灯っていた。

「はい、到着。お疲れ様でした」
「運転ありがとうございました。 ここからは、ゆっくりくつろいで下さいね!」
「じゃあお言葉に甘えて、蒼くんに全部おまかせしようかな」
「はい! じゃあ行きましょうか」


駅とは反対方向へ十数分。
ビルの一階に入っているそのお店は、一見お客があまりいないように見えるが、扉を開けるとほぼ満席であった。
常連客も多いのか、カウンターではマスターらしき人物と親しげに話している客も見られる。

「予約していた柳瀬です」
「はい、柳瀬さまですね。 お待ちしていました。こちらへどうぞ」

案内されたのは間仕切りのある二人席だった。
丸テーブルの上には一輪挿しにブルーデージーが活けられている。
席に着くとメニューが渡された。

「今日はコース料理で予約したので、飲み物だけ好きなものを選んでくださいね」
「へー、何が出るのか楽しみだな。じゃあ飲み物はこのカクテルで」


食前酒から始まり、前菜、スープ、季節の料理、そしてメイン料理。
美味しい料理とお酒に舌鼓を打ち、会話に花が咲いた。

「あ、そういえば」

デザートとコーヒーが運ばれてくると、蒼がふと思い出したように鞄から何かを取り出した。

「会話と料理に夢中で忘れるところでした。改めまして……橘先生、ドラマ化おめでとうございます!」
「あ、はい。ありがとうございます。……なんか照れるね。これ貰っていいの?」
「はい。 これだったら使ってもらえると思って選んだんですけど」
「何だろ?開けていい?」
「はい、是非!」

長方形の箱の包みを開けると、中からしっかりした深緑の箱が出てきた。

「わー! 万年筆? すごく格好いいね! それに持ちやすい」
「橘先生……ううん。そーすけさんのイメージってそんな色かなと思ったんですけど」
「うん、すごく気にいったよ! ありがとう! これからはこれを使って仕事するよ。大切にするね」
「はい! すごく嬉しいです! 気にいってもらえて良かった」

しばらく試し書きをしていた立花は、万年筆を再び箱にしまうと鞄に入れた。


「さぁ、お腹も満たされたしこの後はどうする?」
「うーん、実は僕が考えてたのはこのお店だけなんですけど……どうしましょうか?」
「まだ時間は大丈夫? もし良ければ、これから俺の家に行かないかな? もう少し蒼くんと一緒にいたいし」
「え!! そーすけさんの家ですか!? えーっと、うん、はい。時間は大丈夫ですけど……」
「じゃあ決まりでいいかな! 今日は素敵なプレゼントをもらったことだし、そのお返しって訳でもないけど俺の家でゆっくりしていってよ」

そうと決まればと立花は席を立ち、上機嫌で店を出た。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]