忍者ブログ
創作小説をまったりと更新予定。BL中心のため苦手な方の閲覧はご遠慮ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんばんは。
いよいよクライマックスに近づいてきました。
今回は山場かと……

それではお楽しみいただければ幸いです~



―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・




コップにオレンジジュースを注いで戻ってきた立花は、それぞれの前にコップを並べてから蒼の前に座った。

「さぁ……話すと長くなるけどいいかな? 
俺は『橘龍介』というペンネームで執筆してるけど、本名は『立花蒼介』だ。
そんなことはわかってると思うけど、長年ペンネームを使っていると、橘龍介の名が定着してくるんだよ。それは同時に俺の作品を見た人に、橘龍介はこういう作品を書くからきっとこういう人物だ。こうに違いない。という人物像を築かせるんだ。そして、その人物像を俺に当てはめようとする。
そんなことは今更だし、立花蒼介も橘龍介も俺は俺だと思ってるから気にすることもなかった。…………今まではね」

「今までは? じゃあ今は違うってことですか?」

「俺のことをすごく頼ってくれる子がいてね。
俺が橘龍介と知った上で立花蒼介として。でもその子は橘龍介の大ファンで、橘龍介のことを話すときは目がキラキラ輝くんだ。もちろんそんな姿もすごく可愛いんだけど。でもそこがすごく気になって、橘龍介に嫉妬したりして。
…………それが好きな子ならなおさらね、蒼くん」

「え!! 好きな子!? えーっと…………」

「そうだよ、俺の好きな子」

立花はそう言いながら立ちあがると、ゆっくりと近づいてきた。

「俺はいろいろアピールしたんだけど、気づいているのかいないのか。全然態度も変わらないし。でもたまに、こっちが動揺するようなことを言ったりして。
ねぇ、蒼くん? どう思う? その子は俺のこと好きなのかな?」

「そーすけさん!? もしかして酔ってます!?」

かがんで顔を覗きこまれた蒼の心臓は早鐘を打ち始めた。

「いや、いたって冷静だよ。
…………やっぱりわざとなの?」

「え?」

突然あごをつかまれ、上向かされた蒼の唇に温かいものが重なった。

「――――んっ」
「蒼くん、その子は…………いや、君は俺のことを、立花蒼介のことをどう思ってるのかな? 俺は蒼くんのことを可愛いと思うし、愛しい存在だと思ってるんだけど」

「僕は…………」

「そんな顔されると――。
うん、答えは急がないからさ。ゆっくり考えて」

 

「―――― 蒼くん!?」

気がつくと、キッチンへ向かおうとする立花の腕をつかんでいた。

「あの……、僕にとって橘龍介という作家はもちろん尊敬する人ですし、あこがれの人です。それがそーすけさんと100%重なっているかと言われると……。
でも! そーすけさんのことも尊敬していますし、頼りにしてますし…………大切な存在です!」

「そんな嬉しいこと言われると……、ありがとう。
でももう少しゆっくり考えてほしいな。きっとその気持ちはまだ俺が求めているものとは違うから。さ、今日はもう遅いし家まで送るよ」


そう言って今度こそキッチンへ向かった立花の後ろ姿を、蒼はじっと見つめた。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]