忍者ブログ
創作小説をまったりと更新予定。BL中心のため苦手な方の閲覧はご遠慮ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


さて、32話のつづきでございます!
いま読み返すと、分けた意味がわからない……

それではどうぞ!


―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・




「今度は誰だ? 蒼くん、ちょっと待っててね」

「はい、立花です。……何だ、お前か」

受話器を取って話し始めると、立花はすぐに不機嫌な声に変わった。

「そうだよ。今、蒼くんが来てるんだよ。……ばっ、お前! そんなことまだ言えるわけないだろ! ……チャンスって。あー待て待て、いま代わるからそれだけはやめてくれ。
……ごめん蒼くん、悠からだ。蒼くんと話したいんだと」
「九谷さんですか! 何だろ? 久しぶりだな」

「もしもし、柳瀬です」
『やぁ、久しぶり。ごめんね、二人でいるときに。どう? 今日は一日蒼介と遊んで楽しかった?』
「はい、もちろん! いろいろお話しできて、すごく楽しかったですよ!」
『そうかそうか、それは良かった。ところで、いま蒼介はちょっとした悩みを抱えてるみたいなんだ。柳瀬くんは知ってる?』
「え! 本当ですか? 全然気づきませんでした……」
『うん。きっと柳瀬くんの前では隠してるからね。だから、柳瀬くんからそれとなく聞いてみてよ。きっと君にしか解決できないことだからさ』
「僕にしか? うーん、でも僕が力になれるってことですよね? わかりました、がんばってみます!」
『うん、応援してるよ! 何かあったら教えてね!』
「はい、わかりました! じゃあそーすけさんに代わりますね」

ありがとうと言って受話器を受け取った立花は、再び不機嫌そうに話し始めた。

「で? 何を話したんだ? ……え? 蒼くんから?……って、おい! 待て!」

電話が切れたのか、ため息をつきながら受話器を戻した立花は蒼の向かい側に座った。

「で? 蒼くんは悠から何を言われたんだい? 悠は蒼くんに直接聞けって言ってたんだけど」
「え! えーっと、その……」

それとなく聞いてほしいと言われた手前、直球で聞くのはどうかと戸惑っていると、立花は少しムッとした様子でソファにもたれた。

「そうか。俺には言えないような話しなんだ。いつの間にそんなに仲良くなったんだい? まぁ、それならそれでいいけど」
「いえ! 言えないんじゃなくて!! その……そーすけさん何か悩みごとがあるんですか? 九谷さんに僕なら力になれるって言われて」
「――――っ! 悠のやつ!」
「僕にできることがあるなら言ってください! 力になりたいんです!」
「いや、その……うん、蒼くんなら俺の悩みを解決してくれそうだし。話そうかな」
「やっぱり悩んでたんですね? どうして隠してたんですか? 話して下さい」
「うん、でもその前に飲み物をとってきてもいいかな? それから話すよ」

そう言って空のコップを持った立花は、キッチンへと歩いていった。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]