忍者ブログ
創作小説をまったりと更新予定。BL中心のため苦手な方の閲覧はご遠慮ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんばんは!
まさかの3週連続更新です!
最近少し書く時間ができたので、
「書いたら上げよう」精神でがんばってます。

それでは、早速ですが今週分どうぞ!


―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆



九谷と会ったその翌日。
夕方になると、蒼は緊張した面持ちで通話ボタンを押した。
数回の呼出し音の後、久しぶりの耳慣れた声に自然と蒼の顔は緩んだ。

「……蒼くん? 久しぶり。元気にしてた?」
「そーすけさん! お久しぶりです! 
元気がないって九谷さんから聞いたんですけど、大丈夫ですか!?」
「あー大丈夫大丈夫。ちょっと疲れてるだけ。それより久しぶりに蒼くんの声が聞けて、元気が出たよ」

心なしか明るくなった立花の声を聞いて、蒼も嬉しくなった。

「僕もですよ! ずっとレポート漬けで、そーすけさんとお話したいなと思ってて。すごく嬉しいです!!」

「――っ」
「だ、大丈夫ですか!?」

受話器の向こうで咳込む声がし、蒼は思わず立ち上がった。

「ごめん、ちょっとむせちゃって。大丈夫だから。心配かけてごめんね」

少し息が上がっているものの、元通りに戻った立花の声に安堵した蒼は、「それで――」と話を続けた。

「ドラマ化大変ですか? 九谷さんは打ち合わせとかインタビューが増えたって言ってましたが……」
「うん、そうだね。ここのところ、いつもの仕事に加えてインタビューが増えたかな。
でも10月から始まるから、ドラマ関係の仕事はもうすぐ落ち着くと思うよ」
「10月からですか! 楽しみだなぁ。 あ!じゃあお祝いしなきゃいけないですね!」

蒼はいいことを思いついたとワクワクしながら、何をしようか考え始めた。

「蒼くんがお祝いしてくれるの? それは嬉しいな。何してくれるのかな?」
「うーん。それはお楽しみということで! 期待していてもいいですよ?」
「わかった。じゃあ心置きなくお祝いしてもらえるように、残り2ヵ月も頑張ろうかな」


それからは取りとめもない話をし、時間はあっという間に過ぎていった。

「えーっと、蒼くんはもう夏休みに入ったの?」
「はい! でも教授の手伝いがあるので、たまに学校へ行きますけどね。
あと、回数は減ったけどアルバイトもまだ続けてますよ」

そういえば、最近はそーすけさんをコンビニで見ないなと思ってそう言うと、
立花も同じことを考えていたようで驚いた声を上げた。

「え! そうなの! 最近はコンビニに行っても蒼くんを見ないから、もう辞めちゃったのかと思ってたよ!」
「きっと時間が合わなかったんですね。今は月曜と水曜の夕方から夜にかけて入ってますよ」
「月曜と水曜の夕方ね、わかった。じゃあ蒼くんに会いたくなったらコンビニに行くよ! なーんて」
「あはは! 冗談でも嬉しいです! ありがとうございます。
ところでそーすけさんは、いつなら時間に余裕がありますか?」

立花の言葉に嬉しくなった蒼は、自分もと思って尋ねてみた。

「今日みたいに金曜の夕方とか……比較的夕方なら空いてるかな」
「夕方ですね! じゃあ僕もそーすけさんの声が聴きたくなったら、夕方に電話します!」
「蒼くん、それ……」
「はい?」
「いや、何でもないよ、うん」

こうして二人はお互いの近況も尋ね合い、電話を切ったのだった。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]