忍者ブログ
創作小説をまったりと更新予定。BL中心のため苦手な方の閲覧はご遠慮ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



学校からほど近い神社へ寄った帰り道。

「バス来ないなぁ。」
「本数少ないからね。」

田舎の高校であるため、バスは1時間に1本しかない。

「そういえば、神社で何をお願いしたんだよ?」
「え!? そりゃ合格祈願だよ。もうすぐ受験だし。
そういうお前は何お願いしたんだよ。」
「そりゃまぁ、いろいろと……」

バス停で待つこと30分。
周囲は雪が降ったばかりで、人っ子ひとりいない。
雪が降った後の独特な静けさが漂っている。

「高校卒業した後も俺たち一緒にいるかな。」

ふいにぽつりと呟きがこぼれた。

「一緒にいられるといいな。
それにしてもお前寒そうだな。俺のマフラー貸してやるよ。」
「あ、いいって。寒くないよ。」
「いいからいいから。」

そういって強引にマフラーを巻きつけられた瞬間。

唇を温かいものがかすめた。

「え…………」
「高校卒業しても、ずっと一緒にいような。」


そんな卒業間近のとある放課後。



―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

雑誌「BLink」創刊号の宝井理人様の
ピンナップを見ていたら、妄想が止まらなくなり
勢いで書いちゃいましたw

15分くらいで自分の妄想をたたきつけたもののため、
突っ込みどころ満載ですがそこはスルーで…

雪景色と高校生2人と
顔を赤らめた黒髪の彼、
そして茶髪(?)の彼の切なそうな顔に
胸キュンですwww←古っ

拍手

PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]