忍者ブログ
創作小説をまったりと更新予定。BL中心のため苦手な方の閲覧はご遠慮ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日は一日部屋の整頓をしておりました。
本が増えたので、作業しやすい環境をと……

PC周りはこんな感じに仕上がりました。

0........gif









これで作業が進むようになるかどうかはやる気次第ですね★

さて、なにはともあれ1週間に1回という目標はとりあえず達成!!
……といっても書き貯めていたものを手直ししただけなんですが;
さてさて、いつまで続くものか。

5話もお楽しみいただけましたら嬉しいです!


☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―




「わー久々にupされてるじゃん。 一カ月ぶりか?」
 

このサイトのチェックが日課となったのは、いつからだろう。
久々にupされたそれに何度か目を通すと、いつものように一言感想を書いた。
 

「俺も負けないように頑張らないと」
 

そう呟くと、仕事用のフォルダを開いて作業を再開した。
 


 
久々の夜シフト。
気分良く商品の陳列を行っていた蒼は、人が近づく気配に顔を上げた。
 

「やぁ」
「いらっしゃいませ! 今日もオレンジジュースですか?」
「うん、それもあるけど今日は仕事が順調に進んでね。散歩のついでだよ。昼間は暑いからね」
「そうですか、よかったですね。 僕も上手く進められたんですよ!」
 

大学の授業が午前中で終わったため、午後からは続きを書くことに集中できた。
そのためか、ちょうど先ほどupしてからバイトに来たのだ。
 

「へー。そういえば、君……えーっと名前は、柳瀬くんね。柳瀬くんはどんなもの書くんだい?」
「今はファンタジー小説ですよ。 少しずつインターネットで公開してて、プロになれたらなぁと思ってます。ま、夢のまた夢ですけどね!」

 
そこで蒼は大切なことを思い出した。
 

「あのー今さらですけど……お名前は?」
「あ、失礼! 立花といいます。改めてよろしくね」
「こちらこそ、よろしくお願いします!」
 
「レジお願いしまーす」

 
ペコリと頭を下げると、ちょうどレジの方からヘルプの声が聞こえた。
 
「あ! 呼ばれたので失礼します」
「うん。あ! あのさ、突然だけど良かったら今度、その小説読ませてもらえないかな? 興味本位で申し訳ないけど……」
「ホントですか?! でもお仕事が忙しいんじゃ……」
「いやいや、こちらからお願いしちゃってるんだし、柳瀬君さえ良ければぜひ!」
「じゃあお言葉に甘えて、よろしくお願いします!」
「よかった! じゃあ詳しい話はまた今度ね」
「はい、失礼します!」

 
そう言ってふわりと微笑むと、蒼は急いでレジへ向かった。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]