忍者ブログ
創作小説をまったりと更新予定。BL中心のため苦手な方の閲覧はご遠慮ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


どうも、ごぶさたしております。
他ごとにかまけて、なかなかこちらを進めることができませんでした;

先日ハワイへ行ってきたのですが、その時無性に書きたくなって
ホテルのベッドの中でモリモリ書いてました~

半分眠った頭で書いていた&久々だったので
二人のキャラが変わってても見逃してくださいね←

それでは、少しでもお楽しみいただけましたら嬉しいです♪



☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―




時計の秒針が時を刻む。
 

「もー! 今日は駄目だ! 調子でない!!」
 

夜も更けた部屋で、パソコンの画面に向かっていた蒼はついに音を上げた。
そのまま布団にダイブすると、枕元に置いてあった本を手にする。
 
ここ数日間、思うように筆が進まない。
すぐに投げ出してしまうのは良くないと思いながらも、ブログに上げられないまますでに一カ月が経とうとしていた。
 

「橘さんの本、あと一回読んだらちゃんとやろう」
 

新刊を読み返すのも三回目。
しかし読むたびに新しい発見があるため、いつも5回は読み返す。
 
(あぁ、こんな話が書けるようになればいいのに)
 
そう思いながら、読書に時間に切り替えた蒼は至福の時を味わうのだった。
 



 
「うーん……」
 

昼下がりのコンビニ。
レジ当番の蒼は来店客を待ちながら、いまだに進まない小説に頭を悩ませていた。
 

ピンポーン
 

「いらっしゃいませー」
 

来店音に顔を上げると、そこには久々に顔を見るオレンジジュースの彼がいた。
 

「あ、こんにちは」
「どうも」
 

そのままいつものように、オレンジジュースを5パック手にしてレジへやってきた。
 

「今日は仕事が思うように進まなくてね。息抜きに出てきたんだ」
「そうなんですか? あ!そういえばご自宅でできる仕事って……」
「話してなかったっけ? 文章を書く仕事をしてるんだよ」
「え!! 物書きさんですか?! あーすいません」

 
驚いて顔を上げた蒼は、思わず大きな声で反応してしまった。
 

「あはは! いいよいいよ、気にしないで」
「僕も趣味で文章書くんですけど、進まないときって本当に進まないですよね。今ちょうど悩んでますよ」
「あれ、そうなんだ。 同じだね。 お互い頑張ろう!」
 

オレンジジュースの彼はそう言って、会計を済ますと出口に向かった。
 

「ありがとうございましたー」


拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]