忍者ブログ
創作小説をまったりと更新予定。BL中心のため苦手な方の閲覧はご遠慮ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんばんは!
意外と時間がなく、週末更新ぎりぎりになってしまいました。
その代わり(?)来週末も更新できそうです!
久しぶりの連続週末更新!!……になるといいな。


今回は25話の続きからになっております。
25話から続けて読んでいただいたほうがわかりやすいかと。

それでは立花の部屋での二人の会話をお楽しみください!




―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆




それから、メールでやり取りしていた小説の続きについて話し合い、流れは自然と九谷の話題になっていった。

「ところで、悠とはあれから会ったりした?」
「あ、はい。一回だけ。この間そーすけさんに見てもらったものを、直接見てもらいました。
初めて出版社にお邪魔したんですよ!」
「へーそうなの。 どう?直接見てもらって参考になった?」

立花はそう言ってコーヒーを一口飲むと、改めて蒼の顔を見た。

「はい! 自分では気がつかないような指摘もくれますし、なにより出版社へ行けたことが嬉しかったです!」
「そっか。それなら紹介した甲斐があったな。
それより出版社に行けたことがそんなに嬉しかったの?」

蒼くんの好きそうなものが出版社にあったかなと思い出しながら、不思議に思っていると蒼が笑顔で応えた。
「はい! 出版社に入ったら、この間発売された橘先生の大きいポスターが迎えてくれたんですよ! 
あ、『そーすけさんの』ですね!」
「あ、そういえば貼ってあったね。そ、そうか……ありがとう」

思わぬ返答に動揺しつつ蒼を見ると、ポスターを思い出しているのか嬉しそうな笑みを浮かべていた。

「他のポスターと比べても大きなものが貼ってあって、橘先生ってすごい人なんだなって改めて実感しましたよ。
なんか自分の中では、未だにそーすけさんと橘先生が別々の人に思えるんですよね」

「なんだか橘先生に嫉妬しちゃうな。 ま、自分なんだけど」
「え?」
「蒼くんは橘龍介が大好きでしょ? だからちょっと妬けちゃうなーって。自分に嫉妬してどうするんだって話だけど」

(何言ってんだ、俺は。感情だだ漏れ……)
今更後悔しても口から出た言葉は戻らないと項垂れていると、しばらく黙っていた蒼がポツリと呟いた。


「うーん。でも僕、そーすけさんのことも好きですよ?」


「…………ん?」

自分の願望が聞かせた幻聴かと、立花は顔を上げた。

「だから僕、そーすけさんが橘先生って知る前から、そーすけさんのことも尊敬してますし、好きですよ」
「蒼くん……いや、うん、ありがとう。俺も蒼くんのこと素直でいい子だと思ってるよ」
「えへへ。そうですか? ありがとうございます」

(蒼くんの言う“好き”っていうのは、尊敬と信頼を込めての“好き”だよな……)
立花は蒼の直接的な言葉に一瞬喜んだものの、それは自分とは違う種類のものだと思い直した。

窓の外では、相も変わらず雨が降り続いていた。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]