忍者ブログ
創作小説をまったりと更新予定。BL中心のため苦手な方の閲覧はご遠慮ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「お正月連続更新!!」 第3弾!


お正月最後の夜、予告通り連続更新です♪
こちらもすごく短いですが;

そしてお正月連続更新したため、今週末はお休みします。

では、結構筆がのってスラスラと書けた11話、お楽しみください~



☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―



コーヒーカップの底が見えるようになるころ、立花はおもむろに眼鏡を外して蒼を見た。
 

「きみって、もしかして『あおくん』?」
 
一瞬何を言われているのか分からなかった。
確かに自分の名前は『蒼』だし、間違ってはいない。
しかし立花に自分の名前を言った覚えはないし、今の一言にはそれ以上の意味がある気がする。

 
「あの、僕の名前は確かに『柳瀬蒼』ですけど……」
「あぁ! やっぱり! あの『あお』くんだね? 俺は『立花蒼介』。あおくんは『そーすけさん』って言ってくれてたっけ?」
 

(……そーすけさん? ……え!?)
 
蒼の頭の中に浮かぶ『そーすけ』という人物は一人しかおらず、今の会話からそれで間違いはないのだろう。
間違いないだろうが……
 

「え!! あ、あの、あのそーすけさんですか!? 本当に!?」
「あぁ、たぶん間違いないと思うよ。いつも更新楽しみにしてます」
 

そう言ってにっこり微笑む立花に、互いの人物が一致していると理解した。
しかしそれ以上に蒼は次に何を言えばいいのか分からず、口をパクパクさせていた。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]